皆で守ろう大切な命

あなたの周りの人が、「口数が減った」「眠れていない」など、いつもと様子が違うときは、勇気を出して声をかけたり、相談機関や、医療機関に相談をすすめたり、代わりに相談してみて下さい。もし、あなた自身が悩みを抱えていたら、一人で抱え込まず、まずは相談しましょう。

家族や仲間の変化に気づいたら・・・・

気づき

  • 眠れない・食欲がない・いつもと違う様子は、こころの悩みのサインかもしれません。

声掛け

一歩勇気を出して声をかけましょう

  • 「眠れてる?」「元気がないけど無理してない?」など。

傾聴

本人の気持ちを尊重し、耳を傾けましょう

  • 心配していることを伝え、相手の悩みを真剣な態度で受け止めましょう。相手の感情を否定せず、共感・支持することが大切です。

つなぎ

早めに専門家への相談を勧めましょう

  • 相談者の抱えている悩みに応じて、相談窓口を紹介しましょう。どの相談窓口に行ったらよいか、相手とじっくり考えて提案し、相談者の気持ちを踏まえて対応しましょう。

見守る

暖かく寄り添いながら、じっくりと見守りましょう

  • 相手の変化に気づき、声をかけ、話を聴き、必要な支援につなげることを繰り返すことが、見守ることにつながります。

 

~ひとりで抱え込まないで~

こころの健康相談統一ダイヤル 0570-064-556(おこなおう まもろうよ こころ)

365日24時間対応(平日12時から13時を除く)

 

関連リンク

こころの相談窓口

厚生労働省「まもろうよこころ」

こころの耳 働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

こころもメンテしよう(若者のためのメンタルヘルスブック)(厚生労働省)

文部科学省「子どものSOSの相談窓口」

県ホームページ

 

カテゴリー

お問い合わせ

福祉保健部(福祉事務所) 健康増進課

電話:
0551-42-1335
Fax:
0551-42-1123

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

※必須入力
※必須入力
※必須入力

市政情報